森のコーヒーチェリーティー

ブラジル産のコーヒーチェリーティー
ーヒーチェリーと呼ばれるコーヒーの果実の果皮の部分を加工してつくったお茶です。スペイン語で「籾」を意味する cascara(カスカラ)とも呼ばれます。カスカラの多くはコーヒー豆を処理する過程で取り除いたあとまとめて破棄されていますが、コーヒー生産国の中では古来日常的に飲用されていました。ポリフェノールを多く含み、抗酸化作用が期待できる飲み物として、近年日本でも注目されています。味はコーヒーとは全く別物で、ローズヒップのようなフルーティーな香り、プラム、チェリーを想わせる爽やかな酸味 とほのかな甘みが感じられます。「森のコーヒー」を生産しているエンリケの農園で生まれたコーヒーチェリーティーをぜひお試しください。

3g×10包

森のコーヒーチェリーティー
¥1,080(税込)

森のコーヒーチェリーティー

¥1,080 (税込)