金時みつ芋グラッセ

表面サラサラ、中はもっちり

蜜芋「紅はるか」使用
甘すぎない美味しさ
茨城県産の紅はるかを使用した、一口サイズのみつ芋グラッセです。紅はるかは、安納芋と同類蜜芋の一種で、通常のさつま芋に比べて、粘度、糖度の高いさつま芋です。
漂白剤を使用せず、昔ながらの直火炊きにより、一釜ずつ蜜漬けしております。
 
干しいもと違って表面はサラサラで、やや弾力があり、中はもっちりやわらかです。
甘納豆ほどの強い甘さはなく、上品で程よい甘さのグラッセです。
 
製造は甘納豆の老舗
製造しているのは、昭和10年から80年以上甘納豆を作り続けてきた「株式会社つかもと」です。
現在も昔ながらの伝統製法である「直火炊き」で一釜一釜、丁寧に製造をしています。
その技術は『金時みつ芋グラッセ』にも存分に生かされ、質の高いお菓子を提供しています。
 

商品情報

内容量:140g

※ 画像はイメージです

一般価格:626(税込)

会員価格:594(税込)

数量:

みんなのレビュー

会員価格とは?

森のコーヒー倶楽部(定期コース)にご入会いただくと、定期対象商品以外の商品も、お得な定期会員価格でお求めいただけます。コーヒーはもちろん、スイーツや食品など特別価格でご案内させていただきます。

  •  

みんなのレビュー

レビューはありません。

レビューを投稿する