げたんは

しっとりとした食感と、黒糖の甘みが美味しい、鹿児島のお菓子です。

高級お菓子を
「下駄」に例えるユーモア
『げたんは』は、昔から鹿児島に伝わる黒砂糖を使った駄菓子です。
『げたんは』の名は、下駄の歯の意味で、もともとの格好が似ているところからそう呼んだと言われています。
 
その昔、甘いものが贅沢品だった頃、黒くて台形のこの菓子を、泥に濡れた下駄の歯に結び付けたのは、いかにも鹿児島らしいとよく言われます。
 
控えめながら濃厚な甘さ
小麦粉で作った、しっとりとしたスポンジに黒糖を染み込ませた、カステラのような和菓子です。
 
濃厚でありながら、しつこさがなく、なんとも懐かしい素朴さが後引くお菓子です。
 
若い人たちのあいだでも!!
鹿児島には、色々な特産品がありますが、その中でも17世紀の初め、大島郡大和村に中国福健省から伝わったと言われる黒砂糖はとても有名です。
 
甘みの中に独特の香ばしさがある黒砂糖は、鹿児島の代表的な郷土菓子『げたんは』を生み出しました。
近年、昔を懐かしむ人ばかりではなく、若い人たちにも人気がでています。

商品情報

内容量:14枚(7枚×2袋)入り

※ 画像はイメージです

一般価格:745(税込)

会員価格:712(税込)

数量:

みんなのレビュー

会員価格とは?

森のコーヒー倶楽部(定期コース)にご入会いただくと、定期対象商品以外の商品も、お得な定期会員価格でお求めいただけます。コーヒーはもちろん、スイーツや食品など特別価格でご案内させていただきます。

  •  

みんなのレビュー

レビューはありません。

レビューを投稿する