南部チップス カレー味

カリッと硬めの歯ごたえ。カレーの味がたまらない!

南部せんべいで有名な『巌手屋』の新商品!

 

昭和初期、創業者・小松シキが12歳の頃、青森県の小さな町の奉公先で煎餅焼きを覚えたのが、最初のきっかけでした。その後21丁の焼き型から始めた『巌手屋』は、現在ではいろいろな種類の南部せんべいを開発しています。今回は、その中でもカレー味のせんべいをご紹介。

 

インド料理の名店である、千葉県にある『シタール』の増田社長が味の監修をおこないました。せんべいをサッと揚げてカリカリの食感に仕上げたチップスです。カレースパイスのクミンを練り込んだ南部チップスからただよう、食欲をそそるカレーの香り。一度食べたら手が止まりません。

 

~南部せんべいとは~

小麦粉を水で練って型に入れ、硬めに焼き上げたせんべいで、青森県が発祥とされていますが、現在は東北全域でよく知られるせんべいとして、スーパーや駅の売店で売られています。縁に「みみ」と呼ばれる薄くカリッとした部分があるのが特徴。

商品情報

内容量:45g

※ 画像はイメージです

一般価格:432(税込)

会員価格:410(税込)

数量:

みんなのレビュー

会員価格とは?

森のコーヒー倶楽部(定期コース)にご入会いただくと、定期対象商品以外の商品も、お得な定期会員価格でお求めいただけます。コーヒーはもちろん、スイーツや食品など特別価格でご案内させていただきます。

  •  

みんなのレビュー

レビューはありません。

レビューを投稿する