丹波の黒大豆 丹波黒

伝承の技「味道」 丹波の黒豆

丹波黒豆の歴史とは・・・
文献における丹波地方の黒大豆の歴史は、寛政11年の「丹波国大絵図」に名産品として記載されたのが最初。従って、栽培はそれ以前から盛んだったと伝えられています。
 
そして丹波の黒大豆が知られるようになったのは、丹波篠山藩主・松平公が気に入り、時の将軍に献上したことがきっかけでした。粒の大きさや上品な味わいは江戸中で評判となり、江戸幕府への献納や宮内省によるお買上げも相まって、黒大豆の名産は瞬く間に全国へと広がりました。
 
以後、わが国最初の百科事典「和漢三才図会」にも黒大豆の効能について記されているなど、味だけではなく身体にも良い丹波の黒大豆は、現在のように広く愛されるようになりました。

商品情報

内容量:230g

※ 画像はイメージです

一般価格:1,512(税込)

会員価格:1,404(税込)

数量:

みんなのレビュー

会員価格とは?

森のコーヒー倶楽部(定期コース)にご入会いただくと、定期対象商品以外の商品も、お得な定期会員価格でお求めいただけます。コーヒーはもちろん、スイーツや食品など特別価格でご案内させていただきます。

  •  

みんなのレビュー

レビューはありません。

レビューを投稿する