銀座カフェーパウリスタ 芥川龍之介やジョン・レノンが愛した、銀座の名店

メディア掲載情報

Hanako 男の隠れ家珈琲時間新・銀座の流儀珈琲時間銀座を極める!Real Design

「森のコーヒー」それは、自然の恵みを最大限に生かし、自然のうちにコーヒーを生み出す。そんなこだわりの農法から誕生しました。

本来のコーヒー栽培を追求した結果、ジャングルのような森でコーヒーを育てることがコーヒーにとっての最適な環境であるということに辿り着きました。農薬や化学肥料を一切使わないだけではなく、コーヒーの木を剪定もしません。自然のままに育ったコーヒーの木は、数メートルの高さにまで伸びてジャングルのようになっています。薄暗い森のような状態は、コーヒーにとっては最適な環境です。地面には落ち葉が積もってふかふか。
こんな森のような農園で「森のコーヒー」は作られています。

森のコーヒーが40万人以上に愛される決め手は絶妙な酸味と甘味のバランス

明るくさわやかな酸味、素晴らしい甘み、豊かなコク。 「森のコーヒー」は、味・香りとともに、優れたバランスに仕上がりました。

▼

農薬・化学肥料不使用 だからこそできた、類まれなるバランスとやさしい味。

それだけではありません!

\仕入れからテイスティングまで/

素晴らしい一杯へつなげる為の 徹底したこだわり

こだわりその1 完熟豆使用 未熟な豆はコーヒーの品質を損ないます。そのため収穫後、未熟・未完熟なチェリーを選別除去しています。完熟したコーヒーチェリーから採れるコーヒー豆(完熟豆)を使用しています。完熟豆は自然な甘さと酸味をもっています。

こだわりその2 ブラジルの契約農家から 直接農園へ買い付け 「森のコーヒー」は、栽培農園から当社が直接買い入れている、いわば産直コーヒーです。農園にコンテナーを積んだトラックが横付けされ、250袋~300袋のコーヒーがコンテナーに積み込まれます。その後結露による水ぬれを防ぐために紙でコーヒーの外側を覆います。トレーサビリティーがはっきりとしたコーヒーです。

「森のコーヒー」は、ブラジルのカップテイスターによる格付けで常にトップランクの評価を受けています。口に含んだ途端に広がる“アロマ”、飲んだあとも余韻が続く芳醇な“甘味”。「森のコーヒー」を熱いうちに半分ほど飲んで頂き、しばらく置いてから再び飲んでいただくと冷めても美味しく飲めることが分かっていただけると思います。ミルクを入れないと飲めないという方でも、ブラックで美味しく飲むことができるほどです。

こだわりその3 誇り高きパートナーの生産者たち 「森のコーヒー」は、ブラジルの中でも特にこだわりを持ち、農薬・化学肥料不使用で素晴らしいコーヒーを生産している4人の生産者を中心としたグループの手により作られています。私たちカフェーパウリスタのバイヤーは、ブラジルをはじめとして世界各地のコーヒー産地に足を運び、生産者に直接会って話し、その目で実際のコーヒー作りを確かめています。

サント・アントニオ農園 ジョン・ネット氏 IBD農薬・化学肥料不使用認定原料豆

ブラジル有機栽培コーヒーのパイオニアの一人。自然農法にこだわり自らの農園を自然の“森”のようにしてコーヒーを栽培。彼は代々続くコーヒー農園に生まれ、1970年からこの農園を任され、1988年には農薬・化学肥料を一切使用しなくなった。近代農法に一切背を向け、自分で素朴に感じたよい農法、つまり自然農法を何の抵抗もなく実践している。常に実験を繰り返し、新しいことに挑戦している。

ノッサ・セニョーラ・デ・ファティマ農園 リカルド・アギアール氏:ブラジル有機栽培生産者の中でも一番理論家。有機認証だけでなく、自然環境系の認証やフェアトレード認証も取得している。パイシャウン農園 クラウディオ・カルネイロ氏:芸術的な品質のコーヒーを作る有機篤農家。氏のコーヒーは、毎年行われる世界品質コンペティションでも、常に上位を占めている。カモシン農園 エンリケ・スローパー氏:有機栽培理論のなかでも、特にバイオダイナミック農法を実践。月やその他の天体の動きが植物に与える作用を重視している。

認定証付きコーヒー原料豆 農薬・化学肥料不使用認定原料コーヒー豆のみ使用 JAS(日本国農林水産省)やIBD(ブラジル有機認証団体)、DEMETER(ドイツ有機認証団体)が認定した農薬・化学肥料不使用認定原料豆を100%使用しています。

 JAS有機認定とは 日本の農林水産省が定めた、有機食品のJAS規格に適合した生産が行われてことを登録認定機関が検査し、その結果認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。  IBD有機認証とは IBDはブラジルで唯一の有機栽培認証機関です。IFOAM(国際有機農業運動連盟)と連動してブラジルの有機栽培農作物の国際基準保証をしています。  DEMETER認証とは DEMETERは、ドイツで生まれたバイオダイナミック農法による生産物の認証を中心にした有機認証機関です。その認証制度は、1928年に始まり、世界で一番最初の有機認証機関です。ヨーロッパでは最も権威のある認証と言われています。

こだわりその4 天日干しで豆の風味を守る 雨の少ないブラジルでは、多くの地域で天日乾燥が行われています。自然が一番豆の風味を守ります。生豆の均質性を保つため、最後の30%だけを機械乾燥で行います。

こだわりその5 明治時代に、東京銀座にカフェを開いて日本にコーヒーを紹介した伝統を持つカフェーパウリスタは、現在千葉県の自社工場で豆を煎っています。良質な豆の風味を生かすロースト。そこには良い豆を得た歓びと伝統の技術が息づいています

▼

日本にコーヒーを広めた銀座カフェーパウリスタ

創業明治44年、 100年以上続く銀座の名店 東京銀座にカフェーパウリスタが誕生したのは明治四十四年十二月のこと。この店はその後の喫茶店の原型となったとも言われています。当時店の正面には、ブラジルの国旗が翻り、夜ともなれば燦々と輝くイルミネーション。その店構えに人々は胸ときめかせたのです。

店の中に入ると北欧風のマントルピースのある広間。大理石のテーブル、ロココ調の椅子。海軍の下士官風の白い制服を着た美少年の給仕が銀の盆に載せたコーヒーをうやうやしく運んでくる。価格は一杯五銭、当時としては破格値だったため、カフェーパウリスタは開店と同時に誰もが気軽に入れる喫茶店として親しまれるようになりました。

コーヒー通の著名人に 愛された名店

「銀ブラ」の語源と言われる店 当時、銀座店の周辺は、新聞社や外国商館が並び、パウリスタは文化活動の一拠点でした。文学の世界では水上滝太郎、吉井勇、菊池寛、久米正雄、徳田秋声、正宗白鳥、宇野浩二、芥川龍之介、久保田万太郎、広津和郎、佐藤春夫、獅子文六、小島政二郎等など多くの文化人が店の常連となっていました。昭和時代には、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻が三日三晩ご来店され、コーヒーをご賞味されました。「銀座カフェーパウリスタにブラジルコーヒーを飲みに行く」ということで“銀ブラ”という言葉が生まれたといわれています。

全国からお便り続々!多くの皆様に愛され続ける 「森のコーヒー」ご愛飲者の声をご紹介

  • 北海道Hさま  「このコーヒー甘いね」 違いがわかる夫に一変!? コーヒーが苦手だった夫が、私の飲むコーヒーの香りに惹かれて「ボクにも頂戴」と言いました。でもお湯割り5倍の・・・です。ところが「このコーヒー甘いね」というのを聞き、味がわかるんだと森のコーヒー、夫の味覚両方に納得したところです。安全安心な食べ物作り、大変でしょうが頑張っていただきたいと思っています。
  • 天理市Mさま  「森のコーヒー」を 知ってから母が!? いつも朝はパンとコーヒー。81歳になる母も8年ほど前に森のコーヒーを知ってからは朝のコーヒーを楽しみにしています。私が留守をすると自分で入れれないからと、インスタントを飲みますが・・・インスタント飲むくらいなら飲まないほうがいいと帰りを楽しみにしてくれます。
  • 都城市Iさま 一日のはじまりは、 「森のコーヒー」から。 こんにちは、パウリスタのコーヒーを飲み始めて1年近くになります。家にいる時、朝10時すぎにお湯を沸かしドリッパーで入れるコーヒーの香りがとても好きです。チョコレートをつまみながらの一杯はなんとも言えません。1日一回くらいの楽しみがあってもいいかと思います。
  • 埼玉県Nさま やっとめぐりあえた コーヒーです! 先日主人と最近美味しい満足できるコーヒーに巡り合わないと話していたところ、ネットでパリスタのコーヒーを見つけ、お試しで注文させて頂き2人で飲み、口の中に残る余韻の心地よさが至福の一時でした。(ありがとうございます)今年の2月より主人は退職して家に居るのでコーヒータイムを楽しみにしております。

※個人の感想であり、お客さまによって個人差があります。

創業明治44年、日本のコーヒー史にその名を残す老舗

「銀座カフェーパウリスタ」のコーヒーを愛する匠がつくった農薬・化学肥料不使用 森のコーヒー

今なら!

たっぷり18杯分を特別価格でお試しできます!

こんなにたくさん!

▼

お支払い方法と手数料について
●各種クレジットカード《手数料無料》
(支払回数は、一括払いのみとなっております。)
【利用可能クレジットカード】
VISA, master, JCB, AMERICAN EXPRESS, Diners
VISA、master、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners
●代金引換《手数料324円(税込)》
商品お届け時に、配達員に代金をお支払いください。
代引手数料324円(税込)はお客様のご負担になりますので予めご了承ください。
●振込《郵便局/コンビニエンスストア》
全国の郵便局又はコンビニエンスストア(一部店舗除く)にてお支払いが可能です。
お届けいたします商品に同封の振込用紙にて、商品到着後10日以内に最寄りの郵便局又はコンビニエンスストアにてお振込下さい。
※手数料は全て無料です。
返品・交換について
  • 商品の品質等につきましては、万全を期しておりますが、万一、不良品、欠品等がございましたら商品到着後10日以内に
    メールまたはお電話でご連絡をお願いします。確認後、送料は当社負担にて良品と交換させていただきます。
  • 食品類は商品の性質上、お客様の都合による返品は原則としてお受けいたしかねます。
    不良品の交換などの場合には商品と交換となります。
    ※不良分であっても廃棄してしまいますと、廃棄分は交換に応じられませんのでご注意ください。
  • 器具類に関しましては未開封/未使用にかぎり交換可能です。
    その場合は送料はお客様のご負担となります。
  • その他お客様の都合による返品の場合は、返送料をご負担いただきますので予めご了承ください。
    お問合せ先:TEL 0120-55-2341(受付時間 平日9:00~18:00)